ペコちゃんは、不二家のマスコットキャラクターである。当初は1950年に発売された同社の菓子「ミルキー」の商品キャラクターとして誕生したが、後に同社全体のマスコットとなった。 ボーイフレンドのポコちゃんについても本項で述べる。 不二家の各店舗には「ペコちゃん人形」が置かれるなど、同社を代表するキャラク
17キロバイト (2,410 語) - 2020年7月20日 (月) 07:09



(出典 live.staticflickr.com)



こんにちわ( `ー´)ノ

あの不二家が、
赤字のため危ない(; ・`д・´)?!

皆さん知ってました?

2020年1~6月期連結決算は、
最終損益が1億7100万円の赤字?!

ペコちゃん・・( ノД`)シクシク…

当サイトは、
コンビニ情報を特化して、
お届けしてますが・・

「なぜ?不二家?!」って

思った方もいるかと思います。

実は、
今回の不二家の赤字転落の背景には、
コロナの影響もあると思いますが、
コンビニスイーツの影響も、
大きいと考えられます!

ということで、

今回のブログは、
不二家とコンビニスイーツに、
関する内容になります(^_^)


以前から、
コンビニスイーツの出現によって、
洋菓子店や和菓子店の、
売上に関する影響の、
話題が多々ありました!

今回、
紹介する口コミなどを通して、
少しでも、
疑問の解決に繋がれば、
とても嬉しいです(*´з`)

さいごまで見てね~(*'▽')

当サイト食レポ担当 うく
kiwami376
(出典 コンビニ極み!)

1 リゾビウム(東京都) [CA] :2020/08/18(火) 14:32:44.27

不二家が赤字に!

「ペコちゃん」でおなじみの、
不二家が赤字に転落しました。

2020年1~6月期連結決算は、
最終損益が1億7100万円の赤字。

(前年同期は1億5100万円の黒字)


だった。


新型コロナウイルスの、
感染拡大の影響で収益が悪化した。

売上高は、
前年同期比6.7%減の469億円だった。


新型コロナという特殊要因が、
大きく影響したため、
赤字転落は仕方がない面がある。

だが、
同社は別に抱える
大きな問題により業績は、
新型コロナ前から芳しくない。

その問題が解決できなければ、
コロナ収束後も厳しいままだ。

不二家の洋菓子は、
長らく人々に愛されてきた。

だが、
ここ十数年は赤字が続くなど、
苦戦が目立っている。

背景にあるのは
「コンビニスイーツ」の台頭だ。

コンビニスイーツは、
ローソンが09年に発売した
「プレミアムロールケーキ」が、
ヒットしブームが巻き起こった。

その後、
コンビニで続々とヒット商品や
話題を呼んだ商品が生まれ、
コンビニスイーツは、
存在感を高めていった。

最近では、
ローソンが19年3月に発売した、
バスク風チーズケーキ
「バスチー」が20年1月時点で、
累計4000万個を販売する
大ヒット商品となり、
コンビニスイーツの、
強さを見せつけている。

「ペコちゃん」の不二家が赤字に 
大量閉店とのWパンチで苦境

https://news.yahoo.co.jp/byline/
 
大量閉店!?
不二家が赤字に転落


(出典 newsbyl-pctr.c.yimg.jp)

ペコちゃん( ;∀;)

(出典 upload.wikimedia.org)


【不二家が大量閉店!背景には「コンビニスイーツ」の影響あり?!】の続きを読む