禁止している。公正取引委員会違反被疑事件を審査し、排除措置命令・課徴金納付命令・警告を行う(独占禁止法の執行)。独占禁止法の特別である下請代金支払遅延等防止法(下請)の執行も、中小企業庁と共に行う(中小企業政策)。また、競争政策の企画及び立案を行い、競争制限的な法令・政策・政府規制
37キロバイト (3,809 語) - 2020年10月6日 (火) 05:16



(出典 p0.pikist.com)

こんにちは( `ー´)ノ

今回は、
食レポをお休みします。

気になるニュースがあったので、
とりあげてみました(*^^)

早速ですが

「独占禁止法違反」

ご存知ですか?

公正取引委員会は、
コンビニエンスストア本部が、
加盟店に24時間営業を、
強制することは
独占禁止法違反にあたるとの、
見解を示したんです!

セブンイレブン、
ファミリーマート、
ローソン、
大手コンビニ3社が、
時短営業を容認したのは、
記憶に新しいです。

各オーナーが、
本部に時短営業を申請して、
時短営業を、
実地している店舗もありますが、
時短営業の交渉に、
応じてもらえていない店舗も、
中には、あるということです。

実際の内部事情は、
思っていたのとは違いますね( 一一)

ローソンには、
もともと時短パッケージという
契約形態があったようです。

今回は、
そこんとこ
紐解いていきたいと思います。

口コミもありますので、
さいごまで見てくれると、
とってもうれしいです。

当サイトは、
主に、
各コンビニ商品を、
食レポで紹介しています!
さいごにリンクを貼っときますので、
合わせて見てくれると、
めっちゃ喜びます(笑)


当サイト食レポ担当 さあむ&うく
kiwami.uku&sam1
(出典 コンビニ極み!)

1 いい気分さん :2020/09/02(水) 16:03:35.06 .net

公正取引委員会は2日、
コンビニエンスストア本部が
加盟店に24時間営業を強制することは
独占禁止法違反にあたるとの見解を示した。
人手不足が深刻化し、
労働環境が悪化したことを踏まえ、
持続可能な事業モデルへの転換を促した。

近隣への出店を巡る加盟店との
約束の順守も求めるなど、
本部の優越的地位の乱用を
幅広くけん制する姿勢を打ち出した。


コンビニのオーナーや
従業員の長時間労働が
社会問題となったため、
2019年10月から
フランチャイズチェーン(FC)
本部8社と加盟店約1万2000店を
調査していた。

2日には調査結果と
問題となる行為を報告書にまとめ、
8社に対して取引状況の点検と
自主改善を要請。
11月末までの報告を求めた。


24時間営業については、
時短営業を求める加盟店との協議を
本部側が一方的に拒めば、
独占禁止法の禁じる
「優越的地位の乱用」
あたる恐れがあると指摘した。


調査では加盟店の66.8%が
「時短営業に切り替えたい」
「一度実験してみたい」
と答えた。
本部が時短の交渉を
拒絶しているとの回答は8.7%あった。


加盟店の近隣には
出店しないという約束を
本部が一方的に破る行為についても、
公取委は違反にあたる
可能性があるとの見解を示した。


加盟店への調査では、
近隣の店舗数が
「多いと感じる」との回答が
67.2%にのぼった。
「500メートル以内に
出店しないと口頭で説明されたが、
300メートルの場所に出店された」

などの訴えも寄せられた。

https://www.nikkei.com/article/

独占禁止法とは? 

正式名称は 
「私的独占の禁止及び
公正取引の確保に関する法律」
です。 

この独占禁止法の目的は、
公正かつ自由な競争を促進し、
事業者が自主的な判断で、
自由に活動できるようにすることです


【コンビニの24時間強制は「独占禁止法違反」改善要請!どうなる?】の続きを読む