コンビニは当たり前の光景となった。 配送センターは共同配送化が進められており、昭和期の一般的な商店では問屋ごとに店舗への配送が行われていたものを、共同配送センターで各問屋からの商品をある程度ひとまとめにして店舗に配送することで、1店舗あたりの配送回数の削減を実現している。各店舗は概ね日に2
156キロバイト (24,457 語) - 2020年7月17日 (金) 08:02



(出典 www.nippon.com)

こんにちわ( `ー´)ノ

コンビニ3社
「共同配送」実験へ!


セブンイレブン、
ファミリーマート、
ローソンの大手コンビニ3社が、
戦略的イノベーション
創造プログラム(SIP)
課題「スマート物流サービス」で、
各社店舗へのチェーン横断的な、
共同配送の実証実験を、
実施すると発表しました!

競合の垣根を超えて、
同一エリア内の、
コンビニ全体として、
最も効率の良い
配送を実現することが目的です。

今回は口コミを中心に、
紹介していけたらと思います!

さいごまで見てくれたら、
とっても嬉しいです('◇')ゞ

当サイト食レポ担当 うく&さあむ

コンビニ極み!さあむ&うく
(出典 コンビニ極み!)

1 名無しさん

経済産業省と、
大手コンビニ3社は、
物流の効率化を進めるため、
都内で共同配送の
実験を行うと発表しました。
実験には、
セブンイレブン、
ファミリーマート、
ローソンの3社が参加します。

有明やお台場など湾岸エリアに、
近接した40の店舗に対し、
同じトラックを使って、
飲料や菓子を配送します。

運転手の不足が課題となるなか、
共同配送によって、
トラックの積載率の向上や台数の
削減などに効果があるか、
検証するとしています。

また、
過疎地での
実用化についても検討します。
共同配送の実験は、
来月1日から
1週間かけて行われます。

経済産業省プレスリリース
https://www.meti.go.jp/press


(出典 www.asahicom.jp)


(出典 www.nippon.com)


【「コンビニ大手3社が共同配送の実証実験」ドライバーの負担は?】の続きを読む